{
    "image": {
        "eyecatch": {
            "S": "/article/depot/arti1660988104061c3e40312d37/eyecatch-S.png?ud=1640230976",
            "M": "/article/depot/arti1660988104061c3e40312d37/eyecatch-M.png?ud=1640230976",
            "L": "/article/depot/arti1660988104061c3e40312d37/eyecatch-M.png?ud=1640230976"
        },
        "im": []
    },
    "imageAlias": {
        "eyecatch": "/article/depot/arti1660988104061c3e40312d37/eyecatch-M.png?ud=1640230976"
    },
    "improp": {
        "IDs": []
    }
}

次世代へ伝える日本の節句文化

前回に引き続き、「日本の節句文化を継承する会」が推進する節句文化への取り組みについて詳しく説明します。

日本の節句文化の特徴

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

image

四季が豊かな日本では、その移り変わりや節目を古来から大切にしてきました。
中でも「五節句」と呼ばれる重要な折りめでは、お子様の健やかな成長を願うとともに、旬の食材を供え邪気を払いました。

お正月を締めくくる「人日の節句」では、七草粥で無病息災を祈ります。
続く三月の「上巳の節句」には女児のために雛人形を飾り、また五月の「端午の節句」には男児のために鎧兜や武者人形を飾り、鯉のぼりを戸外に立てるなどして、共にわが子の健やかな成長を祈ります。
そして七月の「七夕の節句」に願いを記した短冊などを笹竹に吊るして立て、夜空の星に祈りを捧げます。
さらに「敬老の日」の由来となった九月の「重陽の節句」では、菊の露で体を拭って不老長寿を願います。

このように私たち日本人は、毎年訪れる四季折々の節句を通じて、家族や親戚の人たちと集い、人と人との絆と愛情を深める機会に恵まれてきたのです。
また、節句の催しでは、さまざまな季節の飾り、食物が用いられ、季節の節目に立ち止まり日本の四季を感じることができます。

「日本の節句文化を継承する会」は、これからも我が国が文化薫る美しい日本であり続けるために、そして、格調高き日本人であり続けるためにも、世界に誇るべき普遍的価値である日本の五節句文化を次代に継承することを目的とし活動をおこなっております。


節句文化を未来に繋げるためにできる事

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

image


節句行事は、今では地域おこしの一環として、全各地で見直されています。日本独自の五節句文化の催しを通じ、海外からの観光客も増え、国と国との文化交流が活発になれば、世界平和にも貢献します。一人ひとりが節句文化を発信することは、国際交流を促進することにも繋がります。
しかし、なによりも大事なことは「和の生活を楽しむ」ことです。節句行事では、季節感を取り入れてお供物・お花・お人形などを美しく飾ります。そして、伝統的な食文化も節句行事ならではの楽しみの一つです。これら五節句文化は国際社会における日本人のアイデンティティーに欠くことのできない要素であり、それは結果的に「和の人づくり」へと繋がります。

当会は、日本の五つの節句文化のユネスコの無形文化遺産登録(※1)を目指しています。
無形文化遺産へ申請することにより、国民一人ひとりが節句文化について再認識し、次世代に向けて継承、保護する機運が高まることを期待します。
また、海外にも日本独自の素晴らしい節句文化を発信したいと考えています。


お願い

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


しかし、昨今は、生活様式の変化によって節句の風習やそのための飾りも大きく変化しています。また、核家族化によって伝承が途絶え、その上他種の外来文化が入るなどして、四季の移ろいを楽しむ日本の節句文化の風習そのものが薄れつつあります。

これらの日本ならではの素晴らしい文化を次世代に残していくためには、私たち一人ひとりが節句文化継承の担い手とならなくてはなりません。その為には、日々の生活や教育を通じて継承活動を活性化させる必要があります。

「日本の節句文化を継承する会」は、各地で活動される皆様と連携し、その活動を広報誌し、日本の節句文化を未来に繋げるための活動がより活性化することを目的に設立されました。何卒ご理解をいただき、ご賛同をお願い申し上げます。




※1 無形文化遺産保護条約では、伝統芸能や社会的監修、伝統工芸などの無形の文化であって、コミュニティや集団が自らの文化的な遺産であると認めるものを「無形文化遺産」と定めています。日本からは、歌舞伎・雅楽・和食などが登録されています。



引用:一般社団法人 日本の節句文化を継承する会

関連記事

オンラインショップ

お店でも買える「MAHOROBAショールーム」

〒422-8037
静岡県静岡市駿河区下島384番地の1

感染症対策実施
ご購入の方はこちら お問い合わせ・
ブランドブック請求
Copyright (c) 2013-2018 SHIRAISHI HINAGU CORPORATION All rights reserved
トップへ戻る
	{
    "header": {
        "minimamHeightScale": 1.0,
        "scalingAnimSec": 0.3
    },
    "src": {
        "spacer": "/share/im/ui_spacer.png",
        "dummy": "/share/im/ui_dummy.png"
    }
}

dialog image