マホロバ通信

注目の商品紹介

2014年3月 31日

武将兜セット新規追加!!

五月人形の武将兜セットを新規追加しました!



前回武将シリーズを紹介しましたが、まだまだ面白い商品がいっぱいあるんです。


全て紹介したいところですが、今回も2つだけ紹介しますね!



NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」で松寿丸としておなじみ黒田長政の兜飾り


戦国最強として数々の武勇で知られる本多忠勝の兜飾りです。


 

どちらもとても人物としても兜のカタチも個性的な本物志向の逸品です。



両セットとも個性的な兜ですが、高級感と落ち着きのある台・屏風のデザインですので、インテリアを邪魔せず飾ることができます。


 

この先は少しマニア向けですが・・・語らせていただきます。


まずは、黒田長政について。


関ヶ原の戦いで家康を歴史的圧勝に導き、福岡藩の初代藩主となった黒田長政。

その兜「大水牛脇立兜」は家臣の内の1人が八幡大明神で必勝祈願していたところ、

夢の中で神のお告げと共に突如その兜が目の前に現れ、それを長政に献上した、というエピソードがあります。

造りが大変変わっていることから重要文化財指定を受けており、福岡市博物館に所蔵されています。



続いて、本田忠勝。


本多忠勝はその名の通りまさに「ただただ勝つ」猛将として有名。

織田信長、豊臣秀吉らを始め、数々の武将がその強さを称えています。

忠勝の兜には鹿の角がついていますが、これは桶狭間の合戦の後、

河の増水で対岸へ渡れなくて困っていた家康の軍勢の前に突如鹿が現れ、浅瀬へ導いてくれたおかげで助かった、という体験から、

この鹿の様に家康をお守りしたいと思った忠勝が甲冑師に依頼して造らせたと伝わっています。



いや~戦国自体の武将は、かっこいいですね。長政に忠勝、共に戦国で名を馳せた名参謀。

彼らのエピソードを知ると戦国時代にタイムスリップした気持ちになってしまいます。




そんな強くたくましい武将にお子さんを変身させましょう!

MAHOROBA 代表

白石 大地

一覧へ
最近の記事

トップ HOME  >  マホロバ通信  >  武将兜セット新規追加!!
ご購入の方はこちらご購入の方はこちらお問い合わせはこちらお問い合わせ
Copyright (c) 2013-2018 SHIRAISHI HINAGU CORPORATION All rights reserved
トップへ戻る